2009年09月18日

お風呂屋さんにはもちろんお風呂用鏡

先日は東京都杉並区にある宝湯さんよりご注文をいただきました。
有り難うございました。

使用場所は浴室内。座ったら一人一人目の前にある鏡です。
しかし、鏡にとっては一番辛い場所なんです。

というのは、鏡の命である反射面は銀なんですが、この銀というのは湿気に弱いんです。空気中の水分にも反応し、腐食してしまいます。
腐食すると黒ずんでしまいます。

ましてや浴室は湿気はもちろん水がかかります。
その為、鏡には水分が銀に浸透にないよう保護するための塗料を塗ります。

詳しくは「高井かがみ硝子ホームページ」をご覧ください。
浴室使用に適したミエミラーデラックスとT(マルティー)防湿鏡があります。

ミエミラーデラックスは規格サイズのみ。T防湿鏡はオーダーサイズです。
両タイプの違いと耐久性について解りにくさと不安をお持ちになっていたのですが、メールやお電話にて説明し、ご理解いただけました。
お客様にはT防湿鏡のご注文をいただきました。
takarayu.jpg

余談ですが、高井かがみで使用するかがみはミエミラーという国産鏡なんですが、鏡の裏にちゃんと表示されています。
(普通は見れないですが・・・)
鏡裏
ミエミラーは裏の塗料が茶色で白文字で「ミエミラー」とプリントされています。
ミエミラー文字アップ
昔は黒文字でした、白になったのは裏の塗料から鉛成分を排除したためです。
その素の鏡のことを「ミエミラークリーン」といいます。
機会があれば見てみてください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32216122
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック